オートリース

弊組合では住友三井オートサービス株式会社と提携し、オートリース(車両リース)を取り扱っております。車両の導入・管理に伴う経費の削減・事務効率化にお役立て下さい。

オートリース

リース導入のメリット

  1. 経理メリット・・・経理業務の軽減と節税を実現します。
    • 車両の所有・維持に必要な種々の費用がリース料という形で一本化されますので、経理関連業務も大幅に軽減できます。
    • リース料を賃貸借処理する場合、全て経費として損金算入され、節税にも有効です。
  2. 財務メリット・・・資金の有効活用を実現します。
    • 購入の場合とは異なり、多額の資金調達は不要となります。その結果、資金を他の用途に有効活用できます。
    • 月額リース料は定額の為、資金計画が容易になります。
  3. アウトソーシングメリット・・・安全、安心、省力化を実現します。
    • リース車両は専門家による定期的なチェック・整備が施されているため、常に安心してご使用いただけます。
    • 万一、事故や故障が発生した場合でも、ロードサービスや代車サービスなどでスピーディーに対処し、業務効率の低下を防ぎます。
    • 車両購入・維持・管理に伴う手続きを代行することにより、業務が大幅に軽減されます。
    • 煩わしい業務をアウトソーシングすることで、大幅な省力化が可能になります。これにより人材の有効活用が図れます。

導入方法

「リースバック方式」と「順次入替方式」。ニーズに合わせてお選びいただけます。
  1. リースバック方式
  2. 自社保有車をそのままオートリースに切り替えるシステムです。車両管理業務を一括してアウトソーシングできるメリットがあります。また、帳簿価格での売買となりますので、売却損益も発生せず期間損益にも影響しません。
    • リース開始日から車両管理業務が一挙に軽減。
    • 買取代金は有効にご活用いただけます。
    • 車両売却損が発生しません。
    • 切り替え手続き中でも車両はご使用になれます。
  3. 順次入替方式
  4. 新車導入時からカーリースを適用するシステムです。
    • 所有している車は、そのままご利用いただけます。
    • 代替えや増謝辞の新車導入時に、順次リースに切り替えていきます。
    • 導入時から一定期間はリース車と社有車が混在しますが、管理業務は徐々に軽減されていきます。